メインコンテンツに移動

操作マニュアル

operation manual

メールデータコピー

本機能は、移行元サーバーのメールボックスから「ビジネス スタンダード」のメールボックスに、メールデータやフォルダを取り込む機能です。

これまで IMAP、もしくは POP 受信で「サーバーにメッセージのコピーを残す」を設定して運用されており、メールサーバーにデータがある場合にご利用いただける機能です。

利用していたメールサーバー(コピー元)から、ビジネス スタンダード(コピー先)へ、メールデータやフォルダをローカルに移す必要なく、サーバー間で取り込むことができます。

使用方法

1

メールアカウント(ユーザー用)にログインし、【メールデータコピー】を選択します(ログイン方法はこちらでご確認ください。)

2

コピー先とコピー元の情報、完了通知先メールアドレスを以下の通り入力し、最下部の【確認する】をクリックします

コピー先 ①メールパスワード メールアカウント(ユーザー用)へのログイン時のパスワードを入力してください
コピー元 ②メールサーバー名
またはIPアドレス
コピー元のメールサーバー名、またはIPアドレスを入力してください
③メールアドレス メールアカウント(ユーザー用)にログイン中のメールアドレスが既に入力されています
④メールパスワード コピー元サーバーで設定したメールアドレスのパスワードを入力してください
⑤コピー完了の通知先メールアドレス コピー実行後に結果を送信するメールアドレスを入力してください

※コピー元のメールサーバーは、DNS による名前解決ができる場合はサーバー名(ホスト名)、できない場合は IP アドレスで指定してください。

同じ条件で複数回コピーを実行した場合、2 回目以降は差分がコピーされます。

3

確認画面が表示されるので、【実行する】をクリックします

4

処理が受け付けられると、以下メッセージが表示されます

5

コピー完了後、もしくはエラーが発生し正常にコピーが完了しなかった場合、「2」の⑤で指定したメールアドレスあてにメールが送信されます

正常に完了した場合の通知メール
件名 【重要】CPIより メールデータコピーが完了いたしました。
本文 *****@********* へメールデータコピーが完了いたしましたので、ご連絡いたします。

ウェブメールにログインすることで、コピーできているかの確認ができます。

■標準Webメール へのログイン方法
https://support.cpi.ad.jp/manual/bs/mail/std_webmail/std_webmail_001

よろしくお願いいたします。
エラーが発生した場合の通知メール
件名 【重要】CPIより メールデータコピーの再操作をお願いします。
本文 メールデータコピーが正常に完了できませんでした。
正常に完了できなかった原因と対処方法については、以下のFAQをご確認ください。
対処後、あらためてコントロールパネルへログインいただき、再操作をお願いいたします。

FAQ
https://faq.cpi.ad.jp/faq/show/869?site_domain=default

※移行元サーバーのメールデータにつきましては影響ありませんので、ご安心ください。

お手数をおかけしまして、申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

エラーが発生した場合の対処法を、こちら でご案内しています。

注意事項

  • コピー先のサーバーへ DNS の切替が完了している状態でのご使用を推奨します。
  • コピー元として指定できるサーバーは、IMAP 接続が可能なメールサーバーです。
  • コピー元のメールサーバーの仕様によっては、コピーが正常に行われない場合があります。
  • コピー元のサーバーにメールが残っていない場合、コピーはできません。
  • コピー先として指定できるサーバーは、CPI の「ビジネス スタンダード」です。
  • 当機能は完全なコピーを保証するものではありません。
  • 一部のデータやフォルダ名などを、コピー先に反映できない場合があります。
  • フォルダ名に記号を使用している場合、正常にコピーが行われない場合があります。

更新日 / 2023 年 10 月 4 日

【関連リンク】

ビジネス スタンダード

お問い合わせ

サポートセンターにお問い合わせいただける窓口をご案内します。

お問い合わせ窓口