メインコンテンツに移動

操作マニュアル

operation manual

CGI の著作権について

CPI が提供している以下の CGI の著作権は、各制作会社に帰属します。

  • CMS インストーラーでインストールされる CGI:CMS インストーラーでインストールされる CMS ツールの著作権は、各 CMS ツールの開発元に帰属します。インストールされる CGI は、GNU GPL ライセンスによって配布されています。詳細は各 CMS ツールの開発元にご確認ください。

 

GPL ライセンスとは

 

ソースコードの公開を原則とし、決められた条件のもとであれば、複製も配布も自由に行える、という規約です。

主な内容について

  • 用途制限がないため、商業利用も可能。 
  • 複製して自由に再配布できる。 
  • 希望すればソースコードを入手できる(オープンソースである)。 
  • ただし、複製/配布/修正を行う際には使用許諾に従う必要がある。 
  • プログラムの派生物にも同じ使用許諾を適用する。 
  • 上記の権利を確保するため、著作権を主張する(コピーレフト)。 
  • プログラムの保証は いっさいない。 


⇒ GNU プロジェクト - フリーソフトウェア財団 (FSF)

すべての CGI は、CPI のサーバー以外で利用したり、無断で販売したりしないでください。

更新日 / 2020 年 9 月 29 日

CHM-2Z

お問い合わせ

サポートセンターにお問い合わせいただける窓口をご案内します。

お問い合わせ窓口