メインコンテンツに移動

操作マニュアル

operation manual

コマンドメールについて

メーリングリスト機能では、メンバーはコマンドメールを使うことで、メーリングリストへの入会や脱会ができます。

■コマンドメールの送信先は必ず「コマンド送信先アドレス」に送ってください。
■コマンドメールは HTML 形式では送れません。メール形式がテキスト形式であることを確認して送ってください。
■ コマンドメールは大文字小文字を区別しませんが、オプション引数は大文字小文字を判定しています。バイト文字(日本語など)や 全角文字で「HELP」と入力しても認識しません。

コマンドメールの書き方

通常コマンドメールは英語と数字からなります。
コマンドはメール本文の先頭から、例えば「help」という形式で書きます。
コマンドは大文字でも小文字でも同様に認識しますので、「help」は「Help」でも「HELP」でもかまいません。

例)

上記のコマンドメール(内容が "help" だけを含むメール)を「コマンド送信先アドレス」に送ると、ヘルプ・ファイルが送られてきます。一度お試しください。

コマンドの一覧

※[ ]で囲まれた部分は省略可能です。

help コマンドのヘルプです。
メッセージテンプレートの「help」の内容が返信されます。
objective メーリングリストの目的、約束事を書きます。
メッセージテンプレートの「objective」の内容が返信されます。
guide 一般的な案内を書きます。
(メンバーでない人でも実行可能なコマンド)
メッセージテンプレートの「guide」の内容が返信されます。
msg 管理者へメールを送ります。
「msg」コマンドが含まれているメールは、管理者にそのまま転送されます。
なお、「msg」コマンドの後のコマンドはすべて無視されます。

例:
  guide<改行>
  msg<改行>
  こんにちは。管理者あてのメッセージです。<改行>
  objective<改行>

この例ではコマンド「guide」は実行されて案内の文書が取り寄せられますが、コマンド「objective」は実行されません。
また「msg」コマンドでは msg コメント<改行>と入力するとエラーが発生します。
例:
  guide<改行>
  msg こんにちは。管理者あてのメッセージです。<改行>
  objective<改行>

この例ではエラーになります。
summary [引数] 過去の記事一覧を得ます。
引数: 記事の番号、番号の範囲

例:
  summary・・・全記事の一覧
  summary last:10・・・最近 10 個の記事一覧
  summary 100-200・・・記事 100 〜 200 の一覧だけを得る
exit コマンド列の終りを示します。
これ以降にどんな文字があっても、コマンドと認識しません。
メールソフトで Signature が自動につく場合などに便利です。
end exit と同様です。
quit exit と同様です。
bye メーリングリストから脱退します。
unsubscribe bye と同様です。
index "get", "mget" で取り寄せ可能なファイルのリストを返します。
index ファイルがあるのなら、それを返します。
get 数字 過去の記事を得ます。
ひとつずつ plain text で返送されます。
send 数字 get と同様です。
スプールの記事や(もしあれば)アーカイブにあるファイルを一つのメールにまとめて送ります。
例:
  get 20 - 30・・・記事 20 〜 30 を得る
  mget 1 - 10 , 15・・・記事 1 〜 10 、 15 を得る

コマンドメールの使用例

例えばメンバーから退会する場合には「コマンド送信先アドレス」宛てにメール本文に bye と書いて送ります。

例)

この単語のみで From のメールアドレスがメーリングリストから退会されます。

更新日 / 2020 年 9 月 29 日

CHM-2Z

お問い合わせ

サポートセンターにお問い合わせいただける窓口をご案内します。

お問い合わせ窓口