メインコンテンツに移動

操作マニュアル

operation manual

スパムメール件名表示

スパムメール件名表示ではスパムチェックサーバーがスパムメール(迷惑メール)を自動検知し、検知されたメールの件名に [SPAM] という文字列を追記します。
メールヘッダでの振り分けが行えないメールソフト(OutlookExpressなど)でも、ご利用いただけます。

スパムメール件名表示ではシスコシステムズ社提供の定義ファイルおよびエンジンを使用しており、第三者機関提供による情報を基準とした判定を行っております。

サービス概要

送信時

送信時には機能しません。

受信時

受信時にスパムメールであるか否かを自動チェックします。
スパムメールと判断されたメールには、件名に [SPAM] という文字列を追記します。
スパムメールには件名に [SPAM] という文字列の追記を行うだけで、削除や返信などは行いません。

スパムメール定義ファイルおよびスパムメールエンジンの更新

スパムメール件名表示ではシスコシステムズ社提供の定義ファイルおよびエンジンを使用しており、 24 時間 365 日で自動更新されています。常に最新の情報をもとにスパムメールのチェックを行います。

設定

スパムメール件名表示単体では、件名に [SPAM] という文字列を追記するだけで、具体的な動作(削除、返信、自動振り分け)は行いません。ご利用のメールソフトでメールの件名を元に振り分けの設定を行うことで、スパムメールを排除できます。

メールの流れ

スパムメール件名表示が導入されることにより、メールの流れは以下のようになります。

1

標準装備のウイルスチェックサービスにより、ウイルスをブロックします。

ウイルスチェックサービスでは、自動的にウイルスメールを削除します。

2

スパムメール件名表示により、件名に [SPAM] という文字列を追記します。

3

メールソフトで件名をもとに振り分け設定を行い、メールを受信します。

設定方法

メールアカウント管理(ユーザー用)へログインし、[SPAM] 件名表示の【有効にする】ボタンをクリックします。

メールソフトの設定

スパムメール件名表示では、スパムメールに対して件名に [SPAM] という文字列の追記のみが行われ、通常通りメールサーバーに配信されます。 スパムメールを除外するには、個々のパソコンにてメールソフトにスパムメールの振り分け設定を行う必要があります。

■スパムメール件名表示の判定は、シスコシステムズ社提供の定義ファイルを基準としておりますが、完全なものではありません。場合によってはお客様にとってスパムメールではないメールを、スパムメールと誤判定してしまう可能性があります。そのためメールソフトで振り分けを行った際には、スパムメールの振り分け先としたフォルダは、必ず目視による確認を行ってください。
■本機能を有効にすると、件名に [SPAM] という文字列が追記されます。返信の際には充分ご注意ください。
■スパムメールと判断されたメールには、件名に [SPAM] を追記します。件名への追記を行うだけで、削除や返信などはいっさい行いません。
■スパムメール件名表示は、シスコシステムズ社提供の定義ファイルを基準としております。お客様独自の設定をスパムメール件名表示に追加することはできません。
■スパムメール件名表示は DNS サーバーとメールサーバーの両方を弊社にて使用されているお客様のみご利用いただけます。CPI 以外の DNS サーバーもしくはメールサーバーを使用されている場合はお使いになれません。
■スパムメール件名表示はシスコシステムズ社提供の定義ファイルおよびエンジンを使用しており、第三者機関提供による情報を基準とした判定を行っております。そのためどのような基準でスパムメールチェックを行っているか、あるいはスパムメールチェックにかからないようにして欲しい、といったご質問にはお答えできません。

更新日 / 2020 年 9 月 29 日

CHM-2Z

お問い合わせ

サポートセンターにお問い合わせいただける窓口をご案内します。

お問い合わせ窓口