メインコンテンツに移動

操作マニュアル

operation manual

詳細を設定する

メーリングリストの設定変更

こちらでは、作成したメーリングリストの詳細設定変更や各種メッセージテンプレートの編集、蓄積された投稿記事の削除を行います。

【メーリングリストの設定変更】画面は、投稿先メールアドレスの作成後に表示されます。
また、コントロールパネルの【メール】から【メーリングリスト機能】をクリックし、設定変更を行いたいメーリングリストのプルダウンメニューから【設定変更】を選んで【実行】ボタンをクリックしても表示されます。

設定

ここでは、【メーリングリスト】が表示されます。

設定アドレス

メーリングリストの投稿先メールアドレスです。

投稿先アドレス 1

【xxx@xxx.xxx への投稿を許可】

管理者だけではなく、「メンバー管理」の権限設定で「投稿を許可」に設定したメンバーからの投稿もできるようにする場合に選択します。
メーリングリストの機能として利用したい場合はこちらを選択します。

【xxx@xxx.xxx への投稿を拒否。管理者へ通知を行う 】
管理者からメンバーにメールを送るだけの機能にしたい場合に選択します。
この設定の場合、メンバーは投稿先メールアドレスにメールを投稿できません。メンバーから投稿された場合、そのメールは管理者に転送されます。

投稿先アドレス 2

メーリングリストの場合は特に必要ありません。

【投稿先アドレス 1(=設定アドレス)】への投稿を拒否する設定にしている場合に利用する投稿先メールアドレスです。
このメールアドレスから投稿されたメールを受信した場合、メールソフトの宛先(To)の表示にはこのメールアドレスではなく、代わりに【投稿先アドレス 1(=設定アドレス)】が表示されます。
【投稿先アドレス 1(=設定アドレス)】への投稿を拒否する設定にしている場合、メンバーは【投稿先アドレス 2】が分からないため、投稿ができなくなります。

コマンド送信先アドレス

コマンドメールの送信先メールアドレスです。
必要に応じてウェブサイトなどで公開してください。

管理者メールアドレスの変更

管理者メールアドレスを変更できます。

メンバー以外が投稿した場合の動作

第三者が投稿先メールアドレスに投稿したときの動作を設定します。

【拒否してメールを返信する。】

メールはメンバーに投稿されません。メールの送信者へメッセージメールを返信します。
メッセージ内容は deny に準拠します。

【拒否して返信しない。管理者へ通知を行う。】

メール投稿者は何の反応も得られません。管理者メールアドレスにのみ投稿された通知が送信されます。

【投稿内容をメンバーにメール配信する】

メール投稿者が、メンバーに登録されていない場合であっても配信されます。
なお、誰からでも投稿が可能となりますので、spam などであっても配信されることになります。ご注意ください。

メンバー以外からコマンドメールが送られてきたときの動作

◆【拒否】コマンドを拒否してメールを返信。管理者へ通知を行う。
コマンドメールを拒否してメールを返信します。さらに管理者へ通知を行います。 返信されるメールの内容は編集できません。

◆【拒否】コマンドを拒否して返信しない。
コマンドメールを投稿しても何の反応も得られません。

◆【自動登録】メンバー登録の申請と見なし本人確認のメールを送信。
メンバー以外からコマンドメールが投稿された場合、本人確認のメールを送信します。
返信されるメールの内容はシステムメッセージ + confirm のメッセージ内容です。
confirm のメッセージ内容は編集できますが、システムメッセージは編集できません。

◆【自動登録】本文に「subscribe」が含まれる場合、自動で登録。
本文に「subscribe」が含まれるコマンドメールが投稿された場合、自動登録し、メンバーに追加します。

◆【自動登録】件名に「subscribe」が含まれる場合、自動で登録。
件名に「subscribe」が含まれるコマンドメールが投稿された場合、自動登録し、メンバーに追加します。

※「subscribe」…第三者がメーリングリストに「subscribe」と入力して送ることでその人がメーリングリストのメンバーに追加されるコマンドです。

コマンドメールについて

件名設定

件名に通し番号を割り当てて、明示的に管理しやすくします。投稿されたメールの件名に、設定された通し番号が追加されます。通し番号は「投稿数」と同数です。

以下よりご選択いただけます 表示例
(ML 名:00100) (メーリングリスト名:00100) 重要なお知らせ
[ML 名:00100] 重要なお知らせ
(ML 名 00100) (メーリングリスト名 00100) 重要なお知らせ
[ML 名 00100] [メーリングリスト名 00100] 重要なお知らせ
(ML 名,00100) (メーリングリスト名,00100) 重要なお知らせ
[ML 名,00100] [メーリングリスト名,00100] 重要なお知らせ
(ML 名) (メーリングリスト名) 重要なお知らせ
[ML 名] [メーリングリスト名] 重要なお知らせ
-100 (00100) 重要なお知らせ
[00100] [00100] 重要なお知らせ

件名投稿数桁数

件名設定で設定される通し番号の桁数を設定します。例えば 5 桁表示にした場合には、「ML 名:00001」のような表示になります。運用途中でも桁数の変更は可能です。

桁数 表示例
2桁 (メーリングリスト名:01) 重要なお知らせ
3桁 (メーリングリスト名:001) 重要なお知らせ
4桁 (メーリングリスト名:0001) 重要なお知らせ
5桁 (メーリングリスト名:00001) 重要なお知らせ
6桁 (メーリングリスト名:000001) 重要なお知らせ
7桁 (メーリングリスト名:0000001) 重要なお知らせ

各種メッセージテンプレートの編集

このメーリングリスト・メール一括配信機能で採用している【fml】はコマンドメールによっても動作できます。
例えば helpと本文に入力し、投稿すると help 内容が返信されてくる、といった具合です。
ここでは各種コマンドに対応したメッセージテンプレートの編集がです。
テンプレートの編集方法はこちらをご覧ください。

蓄積された投稿記事の削除

メーリングリストに投稿された記事はサーバー内に蓄積されます。「削除実行」ボタンをクリックすると過去の投稿記事をすべて削除します。

更新日 / 2020 年 9 月 29 日

CHM-2Z

お問い合わせ

サポートセンターにお問い合わせいただける窓口をご案内します。

お問い合わせ窓口