メインコンテンツに移動

操作マニュアル

operation manual

Active! gate における DKIM 設定手順

Active! gate で DKIM 署名を設定する際の手順をご案内いたします。

設定の流れ

設定はおおまかに以下の 3 ステップで構成され、全て必要な作業となります。
次項「詳細な設定手順」をよくご確認いただいたうえで設定を行ってください。

 

詳細な設定手順

STEP1:公開鍵レコードを作成する

1

Active! gate の管理画面にログインし、画面左側の「MENU」から【ユーザ管理】> 【DKIM 設定】を選択します

2

「対象ドメイン」項目で DKIM を設定したいドメインを選択し、「公開鍵・秘密鍵」項目にある【作成する】ボタンをクリックします

3

「▼公開鍵の DNS レコード」欄に、自動生成されたレコード情報が表示されます

次項「STEP2:DNS サーバーに公開鍵レコードを登録する」をご参照いただき、表示されたレコード情報を、対象ドメインでご利用いただいている DNS サーバーにご登録ください。

 

STEP2:DNS サーバーに公開鍵レコードを登録する

DNS サーバーに公開鍵レコードを登録しただけでは、DKIM 署名は有効になりません。
登録後には、次項「STEP3:DKIM 設定を反映し使用を開始する」の手順をご参照のうえ、必ず Active! gate の管理画面より設定を反映してください。

CPI の DNS サーバーをご利用いただいている場合と、CPI 以外の DNS サーバーをご利用いただいている場合で、登録手順が異なります

 

CPI の DNS サーバーをご利用の場合

ご契約の管理画面「マイページ」より、弊社まで DNS レコード登録をご依頼いただきます。
※ 契約サービスや契約形態等により、以下手順の画像と実際のマイページの画面の仕様が異なる場合があります。

現在、前項「STEP1:公開鍵レコードを作成する」の手順 3 で表示されたレコード情報を、こちらでご案内する「Active! gate DKIM レコード申請」フォームにそのままはりつけて【確認する】ボタンをクリックした際に、エラーと​なり申請ができない事象が発生しております。

現在改修をおこなっておりますが、エラーが発生した際には以下いずれかのご対応をいただきますようお願いいたします。
 
  • レコード情報の文字列の合間にある空白部分を、「タブ」から「半角スペース」へ変更して「Active! gate DKIM レコード申請」よりご申請いただく
  • マイページの「問い合わせ」メニューより、以下の内容をご入力のうえ弊社までレコード登録をご依頼いただく
ドメイン/ご契約 ID DKIM を設定するドメインを入力
お問い合わせ項目 以下項目を選択
 
  • DNSサーバーに関するお問い合わせ
  • DNSレコードの変更に関するご相談
お問い合わせ内容 以下内容を入力
 

 

1

マイページにログインし、上部メニュー【ご契約一覧】をクリックします

2

Active! gate を利用しているサーバー契約の右上の、【詳細】をクリックします

3

「ご契約情報」ページの下部にある「メニュー」内、【Active! gate DKIM レコード申請】をクリックします

4

「注意事項」をご確認のうえ、「DKIM レコード入力欄」に、前項「STEP1:公開鍵レコードを作成する」の手順 3 で表示されたレコード情報を入力し、【確認する】ボタンをクリックします

5

入力したレコード情報に誤りがないかをご確認のうえ、【送信する】ボタンをクリックします

6

以下画面が表示され、申請は完了です

弊社担当にて、CPI の DNS サーバーに公開鍵レコードを登録後、メールにてお知らせします。

ご申請からおよそ 2~3 営業日ほどで登録作業が完了します。
登録が完了した旨のメールが届きましたら、次項「STEP3:DKIM 設定を反映し使用を開始する」の手順にて、DKIM 設定を反映してください。
 

CPI 以外の DNS サーバーをご利用の場合

1

ご利用の DNS サーバーに、前項「STEP1:公開鍵レコードを作成する」の手順 3 で表示されたレコード情報を登録してください

他事業者の DNS サーバーをご利用いただいている場合
DNS サーバーの管理事業者に対し、前項「STEP1:公開鍵レコードを作成する」の手順 3 で表示されたレコード情報をご提示のうえ、DNS サーバーへの登録をご相談ください。
お客さまの自社 DNS サーバーをご利用いただいている場合
前項「STEP1:公開鍵レコードを作成する」の手順 3 で表示されたレコード情報を、ご利用いただいている DNS サーバーにお客様ご自身で登録してください。

2

登録が完了しましたら、次項「STEP3:DKIM 設定を反映し使用を開始する」の手順にて、DKIM 設定を反映してください

 

STEP3:DKIM 設定を反映し使用を開始する

1

DNS サーバーに公開鍵レコードの登録を完了後、Active! gate 管理画面の「DKIM 設定」メニューに入り、【DNS 確認】ボタンをクリックします

2

【DNS 確認】ボタンをクリックすると、「公開鍵を確認できました。」と表示されます

【DNS 確認】ボタンをクリック後、「公開鍵を取得できませんでした。」と表示された場合
DNS の反映に時間を要している可能性があります。時間を空けて、再度【DNS 確認】をお試しください。
もし、時間を空けてお試しいただいても同じ表示が出る場合は、DNS サーバーにご登録いただいた公開鍵レコードの情報に誤りがないかをご確認ください。

3

「DKIM署名」項目にて「使用する」を選択し、画面下部の【OK】ボタンをクリックします

4

以下のメッセージが表示されるので、【OK】ボタンをクリックします

5

画面右上にある【設定反映】をクリックします

6

出現したダイアログボックス内に[完了]の文言が表示されたことを確認し、【閉じる】をクリックします

以上で設定作業は完了です。

7

設定したドメインのメールアドレスから、受信可能なメールアドレス宛にメール送信をお試しください

Active! gate を経由して届いたメールのヘッダー情報をご確認いただき、以下のような Active! gate が付与した DKIM 署名 の記述があれば、問題なく設定が完了しています。

 

注意事項

  • 公開鍵レコードは、設定対象のドメインでご利用いただいている DNS サーバーに対しご登録いただきます。
    CPI 以外の、他事業者や自社の DNS サーバーをご利用いただいており、登録手順がご不明な場合は、DNS サーバーの管理事業者もしくは運用ご担当者様にご確認ください。
  • DNS サーバーへの公開鍵レコードの登録のみでは、DKIM 署名は有効になりません。
    登録後には、必ず Active! gate の管理画面より設定を反映してください。

更新日 / 2024 年 5 月 17 日

【関連リンク】

CHM-2Z

お問い合わせ

サポートセンターにお問い合わせいただける窓口をご案内します。

お問い合わせ窓口