メインコンテンツに移動

操作マニュアル

operation manual

PHP の設定を変更する

弊社サーバーでは任意の設定内容でPHP を動作させることができます。独自の PHP の設定には、【php.ini】ファイルを使用します。
一例として、 register_globals の設定を変更する方法を紹介します。

1

コントロールパネルの【お客様情報】から【プログラムのパスとサーバーの情報】をクリックます。

使用する PHP と同じバージョンの php.ini 情報をテキストファイルにコピーします。

2

テキストファイルの下記の記述を修正します

中略
~
変更前  register_globals = Off
変更後  register_globals = On
~
中略

3

ファイル名を【php.ini】として保存し、任意のディレクトリにアップロードします。

4

phpinfo を参照のうえ、実際にアクセスして動作検証を行います。

弊社サーバーでは .htaccess ファイルにて php_value および php_flag はご利用いただけません。
記述が .htaccess ファイルにある場合、 500  エラー(Internal Server Error)となってしまいますのでご注意ください。

弊社サーバーの PHP は php.ini ファイルがカレントディレクトリにある場合、その php.ini ファイルの設定を最優先で読み込みます。ただし下位ディレクトリに対しては効果は及びませんので、下位ディレクトリ全体に独自の php.ini ファイルを有効したい場合には .htaccess ファイルを利用するか、各ディレクトリに 1 つずつ php.ini ファイルを設置してください。

データベースをご利用の場合

ご契約プランでは、 MySQL 5.7 系 をご利用いただけます。
接続ポート番号は下記標準ポート番号となります。

 MySQL 5.7 :3306

お客様にてご用意された CMS などで、 PHP から MySQL に接続する場合は、php.ini や CMS 側の設定ファイルなどで、 MySQL のバージョンに応じたポート番号をご指定ください。

.htaccess を利用して下位ディレクトリ全体に PHP の独自設定を反映させる

以下に.htaccess を利用する場合の設置方法を紹介します。

1

下記のように、 php.ini ファイルを設置したディレクトリパスを記述した .htaccess ファイルを用意します。パスは間違いのないよう、正確に記述してください。

例) suPHP_ConfigPath /usr/home/ユーザー ID/html/

2

独自設定の php.ini ファイルで動作させたいディレクトリに .htaccess ファイルをアップロードします。

3

実際にアクセスして動作検証を行います。

■php.ini ファイルは、そのままドキュメントルート以下のディレクトリに設置するとブラウザから閲覧されてしまう場合があります。 .htaccess ファイルで以下の記述を追加することにより、 ini ファイルの閲覧を制限できます。
-----------------------------------
<Files ~ "\.ini$">
deny from all
</Files>
-----------------------------------

■.htaccess ファイルでは php.ini ファイルを直接指定すると変更が有効に適用されませんので、ご注意ください。
-----------------------------------
○ suPHP_ConfigPath /usr/home/ユーザー ID/html/sample/
× suPHP_ConfigPath /usr/home/ユーザー ID/html/sample/php.ini
-----------------------------------

■php.ini ファイルに必要な箇所しか記述しない場合(ここでは register_globals= On)は、正常に PHP が動作しません。 php.ini ファイルを作成するときには、弊社標準の php.ini ファイルを編集されることをお勧めします。

(コントロールパネルの【お客様情報】>【プログラムのパスとサーバーの情報】を選択し、【PHP ini の設定情報】をクリックして、内容をコピー&ペーストしてご利用ください。)

■.htaccess ファイルは設置したディレクトリ以下すべてに影響します。
特定のディレクトリで動作させる場合には、 .htaccess ファイルを使わず、 php.ini ファイルを該当ディレクトリに設置してください。

■.htaccess ファイルは設置したディレクトリ以下すべてに影響します。
記述方法を間違えますとお客様のサイト全体に多大な影響を及ぼしますので、設置タイミング、動作検証など充分に行ってください。

■該当するディレクトリに .htaccess を設置している場合には、ファイルを上書きせずに既存の .htaccess ファイルに追記してください。上書きをしますと既存の設定内容が無効となりますのでご注意ください。

■同一ディレクトリに .htaccess ファイルと php.ini ファイルが両方設置された場合、 .htaccess ファイルの設定が優先されます。

■.htaccess ファイルの詳細については、検索エンジンや関連書籍を参照してください。

■.htaccess ファイルに関しては CPI サポート対象外となります。あらかじめご了承ください。

更新日 / 2020 年 9 月 29 日

CHM-2Z

お問い合わせ

サポートセンターにお問い合わせいただける窓口をご案内します。

お問い合わせ窓口