メインコンテンツに移動

操作マニュアル

operation manual

Breadcrumb

サーバーのディレクトリ構成について

ご利用のサーバのディレクトリ構成は下図のとおりです。

■SV-Basic では、サーバー内にあらかじめ設定されているディレクトリは、サーバー稼働や各種プログラムの実行に必要なディレクトリであるため、一部操作の制限をしております。

 ◆対象ディレクトリ
   ・http のドキュメントルート "/html"
   ・ログディレクトリ     "/log"

 ◆対象ディレクトリについて以下の操作を制限しております。
   ・ディレクトリの移動
   ・ディレクトリの削除
   ・ディレクトリのリネーム

 ◆対象ディレクトリのパーミッション(アクセス権限)の変更はできますが、非推奨操作です。

 ◆ドキュメントルート( "/html" )を複製することはできますが、複製したディレクトリは削除ができなくなりますので、削除が必要な場合には、削除ディレクトリのフルパスをご明記のうえ、CPI に制限解除をご依頼ください。制限解除後、お客さまにてディレクトリを削除願います。

■html、log ディレクトリは制限の有無を問わず、リネーム/削除/パーミッションの変更など行わないでください。これらの作業を行うと運用上思わぬ不具合が発生します。 

■旧プランの一部では http 領域( "/html" )と https 領域( "/secure" )がディレクトリ構成上別個になっていましたが、現行プランでは両ディレクトリが "/html" ディレクトリに統合されました。

■CPI サーバーのシステム上 "/html" ディレクトリ以下に、"/public/images" という名称の ディレクトリを設置しても正常に動作しません。"/public" ディレクトリ内では "/images" 以外の名称でご利用ください。

■ご利用のサーバーではセキュリティ対策のため、お客さまサーバー領域直下に 「lib」と「etc」という名称のディレクトリを作成することができません。
 例)
  "/lib" ←作成不可
  "/etc" ←作成不可
  "/html/lib" ←作成可能
  "/html/etc" ←作成可能

サーバーのアドレス補完機能により、www 無しでディレクトリ指定した URL の最後に「 / 」を入力せずにアクセスすると、 www 付きの URL にリダイレクトされます。

例)
"http://example.com/test" でアクセスすると
"http://www.example.com/test/" にリダイレクトされます。

※最後に「/」を付けると "http://example.com/test/" で表示できます。

ログインディレクトリについて

FTP でサーバーにアクセスする際、アクセス先のディレクトリを「ログインディレクトリ」といいます。
ログインディレクトリは、FTP アカウントを作成する際に FTP アカウントごとに指定することができます。
ここでは各ディレクトリの役割についてご説明します。

/

このディレクトリは「ルートディレクトリ」といい、ウェブサーバーのお客さま領域における一番上の階層にあたります。
このディレクトリをログインディレクトリにすると、すべてのディレクトリ("/log"、"/html"、"/html/cgi-bin" など)にアクセスできる事になります。
このディレクトリにログインすると、以下のように表示されます。

_smartrelease_except

このディレクトリは「SmartRelease」でのバックアップ・ファイル転送の対象外にしたいファイルを入れておく場所としてご利用ください。

※サーバーのルート直下に「_smartrelease_except」というディレクトリが自動作成されます。
「SmartRelease」ではなく FTP を用いてリリースする場合、当ディレクトリは削除しても動作に影響はありません。
また、当ディレクトリは削除されたとしても、同名でディレクトリ再作成いただければ元の通りにご利用いただけます。

log

このディレクトリは、ホームページへのアクセスログやエラーログなど、ログ解析で利用される各種ログファイルが生成・蓄積されるディレクトリです。
このディレクトリをログインディレクトリにすると、"/log" 配下以外の他ディレクトリ("/" や "/html"、"/html/cgi-bin" など)にはアクセスできません。
このディレクトリにログインすると、以下のように表示されます。

html

このディレクトリは「http(https)ドキュメントルート」といい、ホームページのデータをアップロードするディレクトリです。
このディレクトリをログインディレクトリにすると、"/html" 配下以外の他ディレクトリ("/" や "/log" など)にはアクセスできません。
ホームページ更新用の FTP アカウントは、このディレクトリをログインディレクトリとして選択しておくことをお奨めします。
このディレクトリにログインすると、以下のように表示されます。

cgi-bin

このディレクトリは CGI 設置専用のディレクトリです。

■独自 CGI は、パーミッションの設定で実行権限を持たせることにより、当ディレクトリ以外でも動作します。
■当ディレクトリに cgi ファイル以外(画像ファイル など)を設置しても動作しません。

.well-known

このディレクトリは SSL サーバー証明書お申し込み時の認証作業の際に利用されます。
削除等は行わないようご注意ください。
 

更新日 / 2019 年 9 月 5 日

【関連リンク】

SV-Basic

お問い合わせ

サポートセンターにお問い合わせいただける窓口をご案内します。

お問い合わせ窓口