メインコンテンツに移動

操作マニュアル

operation manual

PHP(CGI 版)について

CGI 版での PHP の実行方法について説明します。

PHP プログラムの準備

1

PHP ファイルの拡張子は、 Perl で作成した CGI と同じように「.cgi」としてください

2

PHP ファイルの 1 行目に実行する PHP のパスを記述します

PHP のパージョンごとにパスが異なりますので、以下の表を参考にしてください。

ウェブサーバー名 PHP バージョン PHP のバージョンを指定する場合の .htaccess ファイルへの記述内容
haw0000.secure.ne.jp
hav0000.secure.ne.jp
PHP 7.1 AddHandler x-httpd-php71 .php
PHP 7.2 ※ AddHandler x-httpd-php72 .php
PHP 7.3 AddHandler x-httpd-php73 .php

※ バージョン指定しない場合に実行される標準のバージョン。
 

3

CGI ファイルをサーバーへアップロードしてください

ファイルのパーミッションは 705 (rwx---r-x) にしてください。

 

PHP ファイルの拡張子(.php)のまま、 CGI 版で動作させる方法

.htaccess ファイルに以下の記述を追記してください。

AddType application/x-httpd-cgi .php

更新日 / 2019 年 9 月 5 日

【関連リンク】

SV-Basic

お問い合わせ

サポートセンターにお問い合わせいただける窓口をご案内します。

お問い合わせ窓口