メインコンテンツに移動

操作マニュアル

operation manual

ご利用までの手順

メール誤送信防止機能(Active!gate) をご利用いただくためには、CPIメールサーバーへのメールアカウント登録と Active!gate 管理画面からのユーザ登録、ご利用されているメールソフトの設定変更が必要です。
送信メールサーバーはご契約プラン(シェアード/マネージド)のメールサーバー名ではなく、Active!gate 専用のメールサーバー名をご設定ください。

【管理者の作業】メールサーバーコントロールパネルでアドレス登録をする

CPI メールサーバへのメールアドレス作成方法につきましては、下記をご参照ください。
また、すでに CPI メールサーバーに登録済みのメールアドレスでActive!gateをお使いいただくこともできます。その場合は、Active!gate の管理画面でアドレス登録をする以降の設定を行ってください。

【管理者の作業】Active!gate の管理画面でアドレス登録をする

必要な情報を入力し、新規ユーザの追加を行います。

1

管理画面ログイン後、左側のメニューから【ユーザ管理】>【ユーザ設定】とクリックし、【ユーザ新規登録】の画面を開きます

2

設定項目を入力します

ユーザメールアドレス メール誤送信防止機能を設定したいメールアドレスを入力します。@マークより前のみご入力ください。
認証方法 認証サーバーをご選択ください。(変更を行うと、正常にご利用できなくなるためご注意ください。)
パスワード ご入力は不要です。
メールサーバーのコントロールパネルで設定したパスワードと連動します。
パスワード(確認) ご入力は不要です。
メールサーバーのコントロールパネルで設定したパスワードと連動します。
通知メール言語 任意でご設定ください。
 

3

【追加】をクリックし、登録完了です

登録されたユーザーは、ウィンドウ下部にリストとして表示されます。リストから、メールアカウントの部分をクリックすることで、登録済みのユーザ情報の変更・修正も可能です。

次に、Active!gateへ登録したメールアカウントでご利用しているメールソフトの設定を変更します。

 

【ユーザーの作業】メールソフトの設定を行う

本機能のご利用にあたっては、Active!gate をお申し込みのうえ、管理者さまにてメールサーバーのコントロールパネルおよび Active!gate の管理画面でご利用のメールアドレスを登録している必要があります。登録されていることをご確認のうえ、メールソフトの設定をお願いします。

新たにメールソフトに設定する場合

下記の表をご確認いただき、ご利用のメールソフトに設定してください。

受信サーバー ご利用の CPI メールサーバー名をご入力ください。
メールサーバー名の確認方法はこちら。
送信サーバー kddiweb.activegate-ss.jp
メールアドレス コントロールパネルで設定したメールアカウントをご入力ください。
※ @ 以降のドメイン名部分もご入力ください。
パスワード ご契約サーバーのコントロールパネルで設定したメールアカウントのパスワードをご入力ください。
ユーザー名 メールアドレスがユーザー名になりますので、上項「メールアドレス」と同じ内容になります。
プロトコル ポート番号
受信用 POP3 110
POP over SSL 995
IMAP 143
IMAP over SSL 993
送信用 SMTP

587
(25番はご利用いただけません)

※メール誤送信機能をご利用時は、SMTP over SSL(465)には対応していません。

現在ご利用のメールソフトの設定を変更する場合

1

メールソフトの設定項目の、送信メールサーバーを kddiweb.activegate-ss.jp に変更してください

2

送信ポート番号が 25 番の場合は、587 番に変更してください

各種メールソフトの設定方法につきましては、下記をご参照ください。

更新日 / 2021 年 2 月 25 日

【関連リンク】

SV-Basic

お問い合わせ

サポートセンターにお問い合わせいただける窓口をご案内します。

お問い合わせ窓口