メインコンテンツに移動

操作マニュアル

operation manual

Breadcrumb

アクセス制御 (BASIC 認証)

アクセス制御の設定

■アクセス制御は一つのディレクトリに複数のユーザーを設定することができます。

■登録済みのパスワードを確認/変更することはできません。
 パスワードを忘れたときや変更したいときは、設定を一旦削除して、同じユーザー名で設定しなおしてください。

■CPI のアクセス制御機能は「.htpasswd」「.htaccess」にて制御しております。
 すでにお客様にて「.htpasswd」「.htaccess」を設置されている場合、コントロールパネルから当機能の設定に失敗したり、意図しない影響を与える可能性があります。

例として 、 "http://ドメイン/secure01/" に対するアクセス制御の設定についてご説明します。

1

FTP クライアントソフトを使ってウェブサーバーにアクセスし、 /html の配下に secure01 という名称のディレクトリを作成します

2

コントロールパネルにて【Web】>【公開サイト】>【アクセス制御(Basic認証)】とクリックします

 

3

【アクセス制御の追加】をクリックします

4

【アクセス制御するディレクトリ】にて "/html/secure01" を選択し、アクセス制御のユーザー名 、パスワードを入力して【追加する】をクリックします

■アクセス制御のユーザー名およびパスワードは下記の要件を満たしている必要があります。
 ----------------------------------------------------
 ◆ ユーザー名として可能な文字列
  ・半角 1 文字以上~ 219 文字以内
  ・半角の英数字と一部の記号が利用可能
    アルファベット(大文字・小文字問わない)
    数字
    一部の半角記号:「-(ハイフン)」「_(アンダーバー)」「.(ドット)」

 ◆パスワードとして可能な文字列
  ・半角 1 文字以上~ 255 文字以内
  ・半角の記号が利用可能
 ----------------------------------------------------

5

追加完了後は下記メッセージが表示されます

6

対象ディレクトリにウェブアクセスし、認証画面が表示されることをご確認ください

ウェブアクセスする際は、下記いずれかの URL をお使いいただきます。
 "http://ドメイン名/secure01"
 "http:// IP アドレス/secure01"(主契約サーバー環境の場合)
 "http:// プレビュードメイン名/secure01"(マルチドメイン環境の場合)

 

アクセス制御の解除

1

削除するアクセス制御の【×】(削除)をクリックします

 

2

確認画面が表示されますので、【削除する】をクリックします

PHP をご利用の方へ
アクセス制御以外(PHP 等)で .htaccess をご利用されている場合、アクセス制御を施す際はコントロールパネルから設定するのではなく、 .htaccess ファイルを直接編集/追記してください。

※アクセス制御機能は .htaccess ファイルを使用するため、アクセス制御を設定する際や削除する際は .htaccess ファイルに対しても変更や削除が行われます。つまり、コントロールパネルからアクセス制御を操作した場合、お客さまの意図しない動きとなる可能性があるため、直接ファイル編集していただくことをお奨めします。
 

 

3

削除完了後は下記メッセージが表示されます

 

更新日 / 2019 年 9 月 5 日

【関連リンク】

SV-Basic

お問い合わせ

サポートセンターにお問い合わせいただける窓口をご案内します。

お問い合わせ窓口