メインコンテンツに移動

操作マニュアル

operation manual

Breadcrumb

Git クライアント「SourceTree」の利用方法(Windows)

CPI サーバーにリポジトリの作成する方法

ここでは Git クライアント「SourceTree」を使って、お客さま環境(PC)にローカルリポジトリを作成する方法をご説明します。
リモートリポジトリの作成方法は CPI サーバーにリモートリポジトリを作成する方法をご参照ください。

以下ご案内は、お客さまのウェブサーバー領域("/usr/home/ウェブコントロールパネル ID/")直下に「remote-repo」というディレクトリ(リモートリポジトリ)があることを前提とします。

1

SourceTree を起動します

2

画面左上の【新規/クローンを作成する】をクリックします

3

【リポジトリをクローン】をクリックし、各項目を入力します

元のパス/URL

リモートリポジトリを指定します。

ssh://ウェブコントロールパネルID@ドメイン名(または IP アドレス):ポート番号/usr/home/ウェブコントロールパネルID/remote-repo

※"ウェブコントロールパネル ID/" 以降は、お客さまが CPI サーバーで作成されたリモートリポジトリの場所によって異なります。

リモートリポジトリの場所は、 CPI サーバーに SSH 接続して、リモートリポジトリのディレクトリに移動したあと「pwd コマンド」を実行してご確認ください。

$ pwd


/usr/home/ウェブコントロールパネルID/remote-repo ←現在のディレクトリの場所が表示されます

保存先のパス

お客さま環境(PC)の任意のパスをご入力ください。ローカルリポジトリが作成される場所となります。

名前

任意の名前をご入力ください

4

ローカルリポジトリが作成されますと、画面左側に表示されます

5

表示の絞り込みで【すべて表示】を選択すると、ローカルリポジトリ内でファイルの変更(新規作成/修正など)があれば、下図のように対象ファイルが表示されます

6

ファイル名の左のチェックボックスにチェックを入れると、「Index にステージしたファイル」に同じファイルが表示されます

7

コメント欄にコメントを記入し、【コミット】をクリックするとローカルリポジトリ内でファイルの変更がコミットされます

※コメントが日本語の場合、文字化けする場合があります。

ローカルリポジトリをリモートリポジトリに push します

8

画面上段の【プッシュ】をクリックします

9

「プッシュ対象?」にチェックを入れ【OK】をクリックすると、リモートリポジトリに push できます

リモートリポジトリに push したあと、 CPI サーバーに SSH 接続し、リモートリポジトリのディレクトリで以下コマンド(git log)を実行すると push されたことが分かります。

$ git log

commit b7f5c65fe46c929e51231s6ac6397f35s0a62fe3
Author: Your Name 
Date: Wed Oct 8 18:34:05 2014 +0900

first commit

 

更新日 / 2019 年 9 月 5 日

【関連リンク】

SV-Basic

お問い合わせ

サポートセンターにお問い合わせいただける窓口をご案内します。

お問い合わせ窓口