メインコンテンツに移動

操作マニュアル

operation manual

スパムメール件名表示

当機能は、スパムメール(迷惑メール)チェック機能によりスパム検知されたメールに対して、件名部分に [SPAM] という文字列を追記します。

「メールアカウント(ユーザー用)」でのスパムメール件名表示のご利用方法についてご説明します。

スパムメール件名表示ではシスコシステムズ社提供の定義ファイルおよびエンジンを使用しており、第三者機関提供による情報を基準とした判定を行っております。

※定義ファイルの内容や判定基準などの情報は非公開となりますので、ご案内はいたしかねます。ご了承ください。

設定方法

1

設定対象とするメールアドレスでコントロールパネルにログインします

 

2

「スパムメール件名表示」の【ON/OFF】をクリックします

 

3

確認画面が表示されますので【OK】をクリックします

 

4

設定完了後は下記メッセージが表示されます

 

注意事項

■スパムメールチェックの判定は 100% の精度を保証するものではありません。場合によっては、内容がスパムメールと思われるメールをスパムメールと判定ができない可能性、また、お客様にとってスパムメールではないメールをスパムメールと誤判定してしまう可能性があります。そのためメールソフトで振り分けを行った際には、スパムメールの振り分け先としたフォルダは、必ず目視による確認を行ってください。

■スパムメール件名表示は CPI の DNS サーバーとメールサーバーの両方を使用されているお客様のみご利用いただけます。CPI 以外の DNS サーバーもしくはメールサーバーを使用されている場合はお使いになれません。

■本機能を有効にすると、スパムメールと判断されたメールには、件名に [SPAM] を追記します。件名への追記を行うだけで、削除や返信などはいっさい行いません。

■スパムメール件名表示は届いたメールのサイズが 5MB を超える場合、スパムと判定されたメールであっても件名表示がされません。

■機能の性質上、以下のようなご質問ご要望にはお応えできません。
 ・スパムメールチェックはどのような基準で行っているか教えてほしい
 ・スパムメールチェックにかからないようにしてほしい
 ・独自の設定を追加してほしい

スパムメールチェック機能について

スパムメールか否かの判定を行う機能として、スパムメールチェック機能があります。
当機能についての詳細は こちらのページ をご覧ください。

更新日 / 2019 年 9 月 5 日

【関連リンク】

SV-Basic

お問い合わせ

サポートセンターにお問い合わせいただける窓口をご案内します。

お問い合わせ窓口