メインコンテンツに移動

操作マニュアル

operation manual

POP 受信設定について

受信したメールデータをメールボックス(受信箱)に蓄積するかどうかを設定します。

ご利用方法についてご説明します。

当設定を OFF にすると、メールは受信できますが、メールボックスに蓄積されないため、メールの内容を見たりすることはできません。
そのため、送信専用アドレスやメール転送の中継アドレスなどの用途でご利用ください。

設定方法

1

コントロールパネルにて【Mail】>【メールアカウント(管理者用)】とクリックし、対象とするメールアカウントの【編集】をクリックします

 

2

「 POP 受信」の【ON/OFF】スイッチをクリックします

ON の場合 メールボックスに蓄積する設定であり、一般的なメール送受信を行う設定です。
OFF の場合 メールボックスに蓄積しない設定になります。
この場合、該当アドレスでは受信メールを蓄積できないため、他メールアドレスへの転送(中継)用、もしくは送信専用といった用途になります。

メールアドレス運用中に POP 受信機能を ON → OFF に設定変更した場合、それ以降、該当アドレスではメール受信ができなくなります。
※厳密には「受信できない」ではなく「受信はできるが蓄積ができない」となります。

なお、メールサーバーに蓄積されている受信済みメールデータは、設定変更を行っても引き続き蓄積されたままとなります。

 

3

確認画面が表示されますので【OK】をクリックします

4

設定完了後は下記メッセージが表示されます

 

更新日 / 2019 年 9 月 5 日

【関連リンク】

SV-Basic

お問い合わせ

サポートセンターにお問い合わせいただける窓口をご案内します。

お問い合わせ窓口