メインコンテンツに移動

操作マニュアル

operation manual

Breadcrumb

メールソフトのご利用方法

メールソフトの利用方法について説明します。
メールソフトを利用するためには 4 つの準備、確認が必要です。
4 つのポイントについて順を追って説明します。

1. ご契約のサーバーで利用可能な機能の確認

お客さまがご契約しているサーバーで利用になれる機能を以下の表でご確認ください。

メールプロトコル 対応 ポート番号
 POP3 110
 POP over SSL 995
 IMAP 143
 IMAP over SSL 993
 SMTP
 Submission
587
 SMTP over SSL 465
認証方式 対応
 SMTP AUTH
※必ず設定してください
CRAM-MD5 ×
LOGIN
PLAIN
 APOP ×
 POP before SMTP ×

2. メールアカウントの作成

メールの送受信をするためには、ご契約のサーバーにメールアカウントを作成する必要があります。

メールアカウントの作成方法

1

コントロールパネルにログインします。

2

コントロールパネルにログインします。

3

メールアカウント新規登録 にアカウント名、パスワードを入力し登録ボタンをクリックします。

これでメールアカウントが作成されました。
【メールアカウント @ ドメイン名】 がお客さまのメールアドレスとなります。

3. メールソフトの設定に必要な情報の確認

次に、お客さまがメールの送受信でご利用されるメールソフトの設定に必要な情報を確認します。
メールソフトごとに設定方法は異なりますが、設定に必要な情報は共通となります。

メールソフトの設定に必要な情報
メールアドレス 手順 2 で作成した【メールアカウント @ ドメイン名】
パスワード 手順 2 で設定したパスワード
POP サーバー
IMAP サーバー
受信サーバー
メールサーバー名を入力してください。
  例:chz9999.secure.jp
メールサーバー名の確認方法は⇒こちら。
SMTP サーバー
送信サーバー
メールサーバー名を入力してください。
  例:chz9999.secure.jp
メールサーバー名の確認方法は⇒こちら。
ユーザー名
メールアカウント名
アカウント名
メールアドレスと同様で【メールアカウント @ ドメイン名】を利用してください。

4. メールソフトの設定

手順 1、2、3 で準備完了です。
必要な情報をご確認の上、ご利用のメールソフトの設定をします。
各メールソフトのメールアカウントを新規で追加する部分の説明を用意しました。

スマートフォン、タブレット
 iOS メール の設定(iPad、iPhone、iPod touch)
ウェブメール
Gmail

更新日 / 2020 年 4 月 13 日

CHM-Z

お問い合わせ

サポートセンターにお問い合わせいただける窓口をご案内します。

お問い合わせ窓口