メインコンテンツに移動

操作マニュアル

operation manual

Breadcrumb

CPI サーバーにローカルリポジトリを作成する方法(Windows/Mac)

CPI サーバーにローカルリポジトリを作成する方法

ここでは Windows の SSH クライントソフトや Mac のターミナルを使って、CPI サーバーにローカルリポジトリを作成する方法を説明します。

リモートリポジトリは外部の Git リポジトリ(GitHub 等)に存在することを前提とします。

以下、コマンド文の行頭を「&」は囲み枠コマンド実行後の応答文の行頭を「>」で表示します。

1

Windows の SSH クライントソフトまたは Mac のターミナルを起動します。

2

CPI サーバーに SSH でログインします。

$ ssh -l SSHアカウント名 -p SSHのポート番号 ドメイン名(または IP アドレス)

※それぞれの区切りに半角スペースが必要ですのでご注意ください。

>Password:

※SSH のパスワードを入力します。入力しても文字は表示されません。

SSH クライントソフトの場合は、 SSH アカウント名やパスワード、 SSH のポート番号を所定の箇所に入力し、 SSH 接続してください。

3

以下のコマンドを実行し Git の最低限の設定をします。

$ git config --global user.name "Your Name"
$ git config --global user.email you@example.com
$ chmod go-rwx ~/.gitconfig

※「Your Name」と「you@example.com」にはお客様にてご指定ください。

HTTP/HTTPS で clone やpush する場合は以下の設定を行なってください。

CPI サーバーのホームディレクトリ(/usr/home/ユーザー ID)直下に .netrc ファイルを配置する
$ vim ~/.netrc
$ chmod go-rwx ~/.netrc


.netrc ファイルの内容(GitHub の場合)
machine github.com
login ${GITHUB_USERNAME}
password ${GITHUB_PASSWORD}

4

CPI サーバーに GitHub 上のリモートリポジトリを clone する。

■HTTP/HTTPS 経由で clone する場合

$ git clone https://github.com/${GITHUB_USERNAME}/パス

■Git経由で clone する場合

$ git clone git://github.com/パス

※CPI サーバーのローカルリポジトリの変更を外部の Git リポジトリ(GitHub 等)上のリモートリポジトリに push するには、HTTP/S プロトコルを使用する必要があります。

上記は GitHub の設定例であり、変更される場合があります。
詳細は外部の Git リポジトリ(GitHub 等)にてご確認ください。

CPI サーバーのローカルリポジトリでファイルを作成し add(索引に追加)したのち commit し、最後にリモートリポジトリに push します

1

CPI サーバーでローカルリポジトリにするディレクトリを作成します。

※ここでは「local-repo」というディレクトリを作成します

$ mkdir local-repo

2

お客様環境の任意の場所に「local-repo」ディレクトリの作成し移動します。

$ cd local-repo

3

CPI サーバー(ローカルリポジトリ)で、ファイル(test.txt)を作成し、 add したのち commit します。

1.ファイル(test.txt)の作成します

$ touch test.txt

2.作成したファイルを add (索引に追加)します

$ git add test.txt

3.commit します

$ git commit -m "first commit

5

CPI サーバーのローカルリポジトリの変更をリモートリポジトリに push します。


$ git push -u origin master

更新日 / 2019 年 9 月 5 日

CHM-Z

お問い合わせ

サポートセンターにお問い合わせいただける窓口をご案内します。

お問い合わせ窓口