メインコンテンツに移動

操作マニュアル

operation manual

Breadcrumb

メッセージテンプレート【help】の初期状態

example@example.jp メーリングリスト の使い方につきまして

◆◆◆ 目次 ◆◆◆

------------------------------------------------------------
1.コマンドの使い方
2.コマンドの一覧
3.コマンドの使い方の具体例
4.退会について
------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
◆ コマンドの使い方
------------------------------------------------------------

本メーリングリストでは、さまざまなコマンドが使えます。
その機能を使うときはコマンドが書かれたメールを、指定されたメールアドレスに送ります。

コマンドを送ることで、メーリングリストへの入会や退会の他、
過去の記事を取り寄せたりすることもできます。

コマンドメールを送信するメールアドレスは、以下のメールアドレスです。

example-ctl@example.jp


例:
--------- メール本文 --------------
help
-----------------------------------
上記のコマンドメール(内容が "help" だけを含むメール)を送ると、
本ヘルプ・ファイルが送られてきます。
またコマンドは help でも HELP でも構いません(大文字小文字を問いません)。

※ご注意!
通常コマンドは英語と数字だけからなります。コマンドは、メール本文
の先頭から、例えば「help」という形式で書きます。
コマンドは大文字でも小文字でも同様に認識しますので、
「help」は「Help」でも「HELP」でもかまいません。

ただし、 2 バイト文字(日本語など)や 全角文字で「HELP」と入力しても
も認識しませんのでご注意ください。オプションは通常大文字小文字を"区別
します"。


------------------------------------------------------------
◆コマンドの一覧
------------------------------------------------------------

※[] で囲まれた部分は省略可能です。

help コマンドのヘルプ(このメールの内容)
objective メーリングリストの目的、約束事を読む
guide 一般的な案内を得る
(メンバーでない人でも実行可能なコマンド)
msg 管理者へメールを送る
「msg」コマンドが含まれているメールは、
管理者にそのまま転送されます。

なお、「msg」コマンドの後のコマンドはすべて
無視されます。

例:
guide<改行>
msg<改行>
こんにちは。管理者あてのメッセージです。<改行>
objective<改行>

この例では「guide」は実行されて案内の文書が
取り寄せられますが、「objective」は実行され
ません。


また「msg」コマンドでは msg コメント<改行>と、一行に続けて入力すると
エラーが発生します。必ず改行してください。

例:
guide<改行>
msg こんにちは。管理者あてのメッセージです。<改行>
objective<改行>

この例ではエラーになります。
summary [引数] 過去の記事一覧を得る(Summary全体を送る)
引数: 記事の番号、番号の範囲
例:
summary 全記事の一覧
summary last:10 最近 10 個の記事一覧
summary 100-200 記事 100 〜 200 の一覧だけを得る

exit コマンド列の終り
これ以降にどんな文字があっても、コマンドと認識しません。
メールソフトで Signature が自動につく場合等に便利です
end exit と同じ
quit exit と同じ
bye メーリングリストから脱退する
unsubscribe bye と同じ

index "get", "mget" で取り寄せ可能なファイルのリストをかえす。
index ファイルがあるのなら、それを返します

get 数字 過去の記事を得る (resend されます)
ひとつずつ plain text で返送されます
send 数字 同上

get 複数の記事指定 [モード]
mget 複数の記事指定 [モード]
スプールの記事や(もしあれば)アーカイブにあるフ
ァイルを一つのメールにまとめて送り返す
例:
get 20-30 記事 20 〜 30 を得る
mget 1-10 , 15 記事 1〜10 、15 を得る

------------------------------------------------------------
◆ コマンドの使い方の具体例
------------------------------------------------------------

コマンドは

example-ctl@example.jp

宛てに送ってください。


例:
◆ 過去のメールの取り寄せ方

○ 個々に取り寄せる場合

過去のメールを一通単位で取り寄せるには「get」を使います。
以下にメールの本文に書く例を示します。

 (1) 1 番目のメールが欲しい

get 1

 (2) 1 〜 3 番目のメールが欲しい

get 1
get 2
get 3

○ まとめて取り寄せる場合

  まとめて過去のメールを取り寄せるには「mget」を使います。以下にメ
 イルの本文に書く例を示します。

 (1) 100 〜 200 番目のメールが欲しい

mget 100-200

 (2) 100 〜 200 番目のメールを PLAIN TEXT で欲しい

mget 100-200 unpack

 (3) 100 〜 200 番目のメールを 30 秒間隔、PLAIN TEXT で欲しい

mget 100-200 30 unpack

unpack を指定して行数が多い場合、 2,000 行くらいに分割されて配送されます。

フォーマットを指定しなかった場合、ファイルは tar.gz 形式で圧縮され、
uuencode されて送り返されます。

------------------------------------------------------------
◆ 退会について
------------------------------------------------------------

本メーリングリストから退会したい場合には、
<example-ctl@example.jp> まで、メール本文に bye と書いて
送ってください。

--------- メール本文 --------------
bye
-----------------------------------

この単語のみで From のメールアドレスがメーリングリストから
退会されます。

example@example.jp は、投稿先メールアドレスです。
example-ctl@example.jp は、自動生成されるコマンド送信先アドレスです。

更新日 / 2019 年 9 月 5 日

CHM-Z

お問い合わせ

サポートセンターにお問い合わせいただける窓口をご案内します。

お問い合わせ窓口