メインコンテンツに移動

操作マニュアル

operation manual

Breadcrumb

メッセージテンプレートを編集する

メッセージテンプレートの内容は、必要に応じて編集してください。また編集した場合には、動作確認をお勧めします。

メーリングリスト機能で採用している【fml】はコマンドメールがご利用いただけます。 例えば、 help と本文に入力して投稿すると help の内容が記載されたメールが返信されます。 このようにコマンドを記述して送信するメールのことをコマンドメールといいます。

ここでは、コマンドメールが投稿先メールアドレスに投稿された場合に自動返信されるメッセージ内容を編集できます。 弊社の初期設定のままお使いいただくこともできますが、必要に応じて編集してご利用いただくことをおすすめします。 またメッセージ内容を編集した場合には、必ず動作確認をしてください。

メッセージテンプレートの編集はコントロールパネルの【メール】から【メーリングリスト機能】をクリックし、設定変更を行いたいメーリングリストのプルダウンメニューから【設定変更】を選んで【実行】ボタンをクリックします。
表示された設定変更画面の【各種メッセージテンプレートの編集】から、編集したいメッセージ(コマンド名)を選択し、【編集する】ボタンをクリックします。

guide コマンドメール「guide」がコマンド送信先アドレスに送信されたときに返信されるメッセージです。
guide にはメーリングリストの紹介を掲載するのが一般的です。
初期状態のメールの内容はこちら
help コマンドメール「help」がコマンド送信先アドレスに送信されたとき、もしくは誤ったコマンドメールがコマンド送信先アドレスに送信されたときに 返信されるメッセージです。
初期状態のメールの内容はこちら
deny メンバー以外から投稿先メールアドレスに投稿があったときに一律で返信されるメッセージです。
初期状態のメールの内容はこちら
confirm コマンドメール「subscribe」がコマンド送信先アドレスに送信されたときで、かつ【自動登録】メンバー登録の申請と見なし本人確認のメールを送信するモードになっているときに本人確認のため返信されるメッセージです。
「subscribe」…第三者がメーリングリストに「subscribe」と入力して送ることでその人がメーリングリストのメンバーに追加されるコマンドです。
初期状態のメールの内容はこちら
objective コマンドメール「objective」がコマンド送信先アドレスに送信されたときに返信されるメッセージです。
guide と同じくメーリングリストの紹介を掲載するのが一般的です。初期設定では guide と同じ文章になっています。
初期状態のメールの内容はこちら
welcome メンバー登録が完了すると、必ず返信されるメッセージです。
(ただし管理者がコントロールパネルより登録した場合は除く)
初期状態のメールの内容はこちら

更新日 / 2019 年 9 月 5 日

CHM-Z

お問い合わせ

サポートセンターにお問い合わせいただける窓口をご案内します。

お問い合わせ窓口