メインコンテンツに移動

操作マニュアル

operation manual

Web 改ざん検知

Web 改ざん検知は、お客様が作成、管理されているウェブサイトが安全であることを確認するためのサービスとなります。診断対象のドメインと URL を登録することにより、 Web 改ざん診断が実行され、マルウェアが検出された場合は、ご登録いただく管理者様にアラートメールが送信されます。

診断するページ数により、 5 段階のプランを提供しております。

  • Web 改ざん検知サービス 100 ページ(URL 5 個、 5 ドメイン) (無料オプション)
  • Web 改ざん検知サービス 300 ページ(URL 5 個、 5 ドメイン)
  • Web 改ざん検知サービス 1000 ページ(URL 10 個、 10 ドメイン)
  • Web 改ざん検知サービス 2000 ページ(URL 10 個、 10 ドメイン)
  • Web 改ざん検知サービス 3000 ページ(URL 10 個、 10 ドメイン)

お申し込み方法

ご利用方法

Web 改ざん検知の管理画面へのログイン

1

Web 改ざん検知の管理画面へのログイン

Web 改ざん検知の管理画面ログインページの URL にアクセスします。

Web 改ざん検知の管理画面 URL:https://www.gred.jp/saas/cpi

ユーザ ID とパスワードを入力してログインします。

※ユーザ ID とパスワードは、管理者様へ別途メールで案内しております。

2

基本情報の変更

画面上部のリンクから変更できます。

ユーザー管理

新しいユーザーを追加できます。以下の項目を入力して追加ボタンをクリックしてください。

  • 名前
    名前の文字数は 1 文字以上 128 文字以下で指定してください。
  • ログイン用メールアドレス
    受け取る/受け取らないを選択してください。
  • アクセスの権限
    追加するユーザーへのアクセス権限を付与することができます。
  • アラート用メールアドレス
  • アラートメール

登録済みのユーザー情報を変更される際は、ユーザーの編集より変更をお願いいたします。

ユーザー情報の変更

以下を変更できます。

  • アラート用メールアドレス
  • 名前
  • 週間レポートメール
  • アラートメール

ID は変更することができません。

ログアウト

Web 改ざん検知の管理画面からログアウトします。

3

ウェブ解析タブ

Web 改ざん検知の管理画面のウェブ解析画面で、お客様のウェブサイトのウェブ解析状況を確認することができます。
画面左側のリンクより、各項目をご確認いただけます。

ホーム

Web 改ざん検知の最終結果、カレンダー表示の診断結果をご確認いただけます。
最終結果の欄に表示されている 再チェックする のボタンをクリックしますと、解析が実行されます。

カレンダー上で解析結果をご確認いただけます     

  • 「OK」:マルウェアが見つかりませんでした。
  • 「!」:解析中に問題が見つかりました。「!」マークをクリックすると、問題の詳細画面が表示されます。

※問題が見つかった際の注意

"ウェブページに、未確認のクロスドメインスクリプトを発見しました。"

ウェブページにクロスドメインスクリプトを検知しました!

このメッセージは、自社サイト以外のドメインにあるスクリプトを実行させるようなコードが自社のサイトに記述されているということです。
スクリプト自体を確認し、正常なものである場合には「クロスドメインの許可設定」メニューにて許可してください。

TOP ページの見た目が変化した可能性を検知

このメッセージは、TOP ページの見た目が変化した可能性を発見した時に送信されます。

実行ファイルのマルウェア類似挙動の可能性を検知

このメッセージは、監視対象ページにある実行ファイルが、マルウェアと類似した動きをしていることを発見した時に送信されます。

解析履歴

解析日、解析完了時間、解析結果、ページ数をご確認いただけます。

レポート作成

期間を指定して、レポートを作成できます。
レポートには以下が表示されます。

・解析対象ドメイン
・解析期間
・解析結果
・改ざんを通知した回数
・貴社のウェブページ数
・解析結果詳細


レポート作成後、レポートを印刷することも可能です。

解析内容の設定

Web 改ざん検知の解析内容の設定画面です。
現在の利用状況一覧を見る>> をクリックすると現在の設定を確認することができます。

基本設定

除外設定

[ ホワイトリスト ]

このリストに設定した URL は解析ページ数としてカウントされますが必ず「OK」という結果になります。最大 10 個まで指定する事が可能です。

[ 除外 URL ]

除外 URL は、パス(ディレクトリ)指定を最大 10 個まで設定することができます。 
この機能は、指定したパス(ディレクトリ)以降をチェックしません。

クロスドメイン検知

クロスドメインスクリプトの許可設定を行います。
ウェブ解析機能では、改ざんによって意図しないドメインのスクリプトがウェブページに埋め込まれた場合に「警告」を行います。
このリストにて、自社のドメイン以外に利用しているスクリプトのドメインを設定しておくことによって、解析結果の「!」表示を「Safe」に変更します。

オプション

[ gred 証明書 ]

gred セキュリティサービスをご利用の方に無償で提供している証明書です。 
表示されているタグをページ内の gred シールを表示させたい部分に挿入してください。

[ 改ざん時切り替え機能 ]

gred がチェックを行ったページに改ざんが見つかった場合、お客様の Web サイトの訪問者に gred 内のメンテナンスページを表示することができます。
HTML のタグのすぐ後に表示されているタグを挿入してください。
また、切り替え機能の有効/無効を設定することが可能です。

Web 改ざん検知は、ウェブサイトのコンテンツを診断するサービスとなります。 
マルウェアを削除したり、コンテンツが安全な状態になるようにサイトの内容を修正、改善するものではございません。

更新日 / 2019 年 9 月 5 日

CHM-Z

お問い合わせ

サポートセンターにお問い合わせいただける窓口をご案内します。

お問い合わせ窓口